朝食について

麦めし+とろろ

金具屋の朝食は古来よりの日本の健康食。麦めしととろろの「麦とろ御膳」です。

当館では20年以上前よりこの健康効果の高い「麦とろ」を朝食でお出ししています。

渋温泉では毎年6月16日「麦とろの日」に株式会社はくばく様のご協力をいただき、麦とろキャンペーンを行っています。下記ははくばく様のサイトよりの引用です。

大麦は、精白したものでも、精白米に比べて10倍以上の食物繊維を含んでいます。
また、食物繊維の中でも野菜には少ない水溶性食物繊維が豊富です。
体内の不要な食物成分を排出する効果はもちろんのこと、他の食材に比べ血糖値の上昇を抑えたり、血液中のコレステロールが下がったりといった実験報告もでております。

とろろ(山芋)は東洋医学で“山の薬=山薬(さんやく)”と呼ばれるほど栄養が豊富。とろろに含まれるアミラーゼ・ジアスターゼは滋養強壮に、特有のねばねば成分ディオスコランは血糖値を抑え、ムチンは粘膜を保護し、感染症を予防します。また最近では、とろろにふくまれるDHEAの若がえり効果も研究されているそうです。

栄養のバランスのいい麦とろは特に朝食に食べることで大きな効果を発揮します。

ぜひ、朝食に「麦とろ」。お帰りになってからも続けてみてください


さて、ここからは余談ですが、この朝食、生卵がついております。その生卵をつかって、とろろたまごかけご飯をつくることができますので、お好きな方はぜひお試しください。


たまごをごはんにのせ、

ざくまぜにしたところにとろろをのせます。

きざみつけものやクコの実をのせ、

とろろにはダシをくわえてありますのでお好みですが、足りなければとうふ用のタレやしょうゆを使い、


完成です。

付属ののりをちらしてもよいですね。

金具屋特製TTKG(とろろたまごかけごはん)おためしあれ。



歴史の宿 金具屋【第2部】

信州渋温泉の温泉宿、歴史の宿金具屋を深く知るための情報を更新していきます。金具屋の公式サイトはこちら www.kanaguya.com