金具屋の歴史その1(江戸時代1758-)

”温泉宿”金具屋の創業は今から約260年前、宝暦8年(1758年)。

温泉宿を始める以前は鍛冶屋(金具師)で、飯山から渋温泉に移住をし商売をしていました。それが宝暦4年、土砂崩れにより裏山「神明山」が崩れ被災。復興中に敷地より温泉が湧き出したため、温泉宿をはじめたとされております。

金具職人であることから屋号を「金具屋」と命名され松代藩に届を出しています。

この画像は江戸時代、神明山が崩れる前の渋温泉の様子。現在と同じように中央に高薬師、東に温泉寺があり、9つの外湯も確認できます。(現在と名前・場所が多少異なります)

しかし、地図を見るに傾斜はなく、大湯(本湯)のまわりがすべて道である点が現在と大きく異なります。

中央の神明山が崩れた際、その土砂が大湯周辺に押し寄せ土地が盛り上がったため、現在のような傾斜地になったといわれています。傾斜のフチに新たに土地が割り当てられたため、大湯の周りが窮屈になってしまっているのです。金具屋の場所がまさにそこでした。

その後渋温泉は再興し、温泉場として多くの人が訪れるようになっていきます。歓楽目的の客も多く、佐久間象山に目をつけられる話は、また別の機会がありましたら…。


江戸末期には、鍛冶業をやめ湯宿に一本化し、狭い土地ながらも徐々に客数を増やしていったということです。

これが4代目、5代目の時代となります。


その他の記事

金具屋の歴史その2(明治時代)

歴史の宿 金具屋【第2部】

信州渋温泉の温泉宿、歴史の宿金具屋を深く知るための情報を更新していきます。金具屋の公式サイトはこちら www.kanaguya.com